3Dプリントサービス デジモデ デジモデはホビーユーザーを応援しています!

TOP >  3Dプリントサービス >  【重要】データ作成について >  パーツをまとめて入稿するなら

パーツをまとめて入稿するなら

Important points for single data with multiple objects

 

「安くしたい」「でもキレイに出したいよね」 複数パーツを1ファイルにまとめて入稿するための これだけは守っておきたい4か条

光造形式立体出力のクオリティは出力角度に大きく左右される

複数パーツの詰め合わせファイルをご入稿いただいた場合、デジモデではそれぞれのパーツを最適な配置角に調整することができません。

単一パーツでご入稿のデータに関しては、最適な角度に調整のうえ出力しておりますが、
詰め合わせファイルについては、お客様が配置した状態そのままで出力せざるを得ません。
つまり、良質の出力物をお安く手にしていただくには、配置角に対するお客様のご理解が必要です。

①サポートがつく面にはディティールを施さない

サポート面が荒れるのは、サポート材を用いる出力方式全般の弱点です。
この面は磨くことを前提として分割、配置をしましょう。

オブジェクトに干渉しないよう、横からサポーティングしている例

②オブジェクト間の距離は3mm以上

サポート柱はオブジェクトの横にも配されます。
そのため、オブジェクトを隙間なく詰め込むと、正しいサポーティングができない場合があります。
必ず上からみて3mm以上の間隔をあけるようにしましょう。

サポートベースから剥がした出力物 サポート痕とダレが出ています

最適な配置角をお尋ねのお客様にはその都度対応させていただいておりますので、ご遠慮なくお申し付けください。
もちろん、1パーツ1ファイルでのご入稿に対しましてはこちらで最適角度への調整をさせていただきます。

ご自身で配置された配置角に起因する出力不良につきましては、保証いたしかねますのであらかじめご了承ください。
ご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

ご注文はこちら

‹ サポート材の除去や後加工


Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook

コメントは受け付けていません。