3Dプリントサービス デジモデ デジモデはホビーユーザーを応援しています!

TOP >  3Dプリントサービス >  【重要】データ作成について >  間違いのないサイズ指定のために

間違いのないサイズ指定のために

To make data at correct size
ソフトごとに寸法の解釈はバラバラ

ねこ例えばあるソフトで1cmのものを作ったとしても、出力機にとってはそれが100cmを意味するデータだったりすることは良くあります。
工業系CADのようにそのへんが命のソフトは問題ありませんが、ビジュアライゼーションを主目的としたソフトにはありがちな仕様なんです。
しかしご安心を。下の方に1cm角の立方体を作っておいていただければ、それが1cm角で出力できるサイズにこちらで変更いたします。
もちろん、寸法に問題のないデータであるなら立方体は不要です。

なお、立方体を置いた位置がオブジェクト配置の下側、つまりサポート面になります。

工業用CAD以外の3Dアプリケーションでは「軸の向き」もまちまちです。
netFabb Studio Basicは工業用CADに準拠した軸方向と寸法単位をもっておりますため、ご入稿に際しましてはこれでご確認いただければ安心です。
netFabb Studio Basicはフリーソフトです。

‹ サポート材のつく面を意識したモデリング
入稿できるファイルとデータチェック ›


Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook

コメントは受け付けていません。