3Dプリントサービス デジモデ デジモデはホビーユーザーを応援しています!

TOP >  特殊注型サービス >  注型品の収縮について

注型品の収縮について

Contraction of moldings

硬化した樹脂は収縮します。
あらかじめ収縮する割合を把握して、原型のサイズをその分だけ調整しておけば
意図通りの寸法の成型品を手にすることができます。

原型と成型品の寸法をマテリアルごとに比較してみましょう。

こちらのサンプルは一例です。厳密な収縮率は原型やゲートの形状などの影響を受けますので、
参考数値としてお考えください。

樹脂別基準例:ムク立方体

サンプルは一辺が9.99mmの立方体を原型として各マテリアルを注型しています。
一般に肉厚(樹脂量が多く) になるほど収縮率は大きくなりますのでご注意ください。

ムク立方体

実例:穴あき部品サンプル

樹脂が硬化すると肉やせが発生するため突き出た棒の直径は小さくなり、穴は広がります。
原型を設計する際は形状と肉厚をご考慮の上、どの部分がどの方向にどの程度痩せるかを検討されることをおすすめいたします。

穴あき部品サンプル

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook

コメントは受け付けていません。